ティスティング

チーズコーディネーターって何?

「チーズコーディネーター」とは、デパートや専門店でチーズの選び方や食材としての利用法などを顧客に説明する仕事で、良質な食材を求める層から需要が高まっている職業です。

この職種は飲食店や専門店、デパートの食品コーナーなどでチーズを求める人の相談に乗り、おすすめの商品を選んだりアドバイスを行います。

コーディネーターになるには専門の資格試験を受験しなければなりません。
資格を取得して現場に入り、色々なチーズと接することで経験が磨かれていきます。

資格試験はチーズが好きな方もたくさん受験されますが、
合格に欠かせない要素としてはチーズが好きであること、どんな種類でも食べられることなどが最低限の条件になります。

まずはじめに、各種類の製法や生産地、その他チーズに関わる法律知識など基礎的な分野を中心に学んでいきます。

そして、誰にでも魅力や味わいを説明できるようになるために、テイスティング力をつけていきます。
原料となるミルクの違いから製法による味わいの違い、特徴を的確に説明できるスキルが求められます。

また、コーディネーターとしてデビューした後は、お客様に適切に提案できるコミュニケーション力やサービス精神が求められるようになります。

チーズの消費量はヨーロッパから世界へ、そしてここ日本へと延びており、現在も需要が増しています。
日本はチーズに関しては後進国であり、どの種類をいつどこでどうやって楽しめばよいのか分からないという方も少なくありません。
そんな人々のために、TPOや食べ物に合わせた美味しいチーズの提案を行うのもコーディネーターのお仕事です。
将来的にチーズを扱うお店を持とうと考えている方はもちろん、
イタリアンレストランやデパート内の専門店で働きたい方、
とにかくチーズが大好きな方はぜひ「チーズコーディネーター」の資格を取得されることをおすすめします。

カジュアルからフォーマルまでさまざまなシチュエーションに合ったチーズを、
各種ワインやお料理と自由に組み合わせるスキルを身に付ければ、仕事でもプライベートでもより多くの人に喜んでもらえること間違いありません。

このページの先頭へ