ティスティング

チーズのカッティング方法

洋食におなじみの食材、チーズ。
自宅で手軽に食べられるので、冷蔵庫の中に常備している方もいるかと思います。

チーズには原材料から製造方法まで多岐にわたり、非常に多くの製品が存在していますが、
種類に合わせた「切り方」も重要なポイントです。

チーズを切ることは、野菜や肉などの食材を切り分けるのとは意味合いが異なります。
きれいに切ればそれだけ食卓が華やかに彩られますが、それだけではなくそれぞれの種類が持つ風味を100%引き出すためにも、きれいに切ってあげることが必要なのです。

・円型、四角形チーズの切り方
カマンベールチーズのようにホール状になっていたり四角形の平面型をしているタイプは、
ホールケーキと同じように中央を中心点として切り分けていきます。
人数分に均等に切り分けることはもちろんですが、中身が出やすくなるので切り口を小さめにすることがポイントです。


・ピラミッド型チーズの切り方
ピラミッドのように立体になっているタイプは、中心から4つ~8つに切り取ります。
立体であることを意識して、上から下へとナイフを入れていきます。
頂上は四角形の平面になっているので、そこに斜めに線を入れるようにして等分し、切り分けていきます。


・円筒形チーズの切り方
ブッシュドノエルのような円筒形の形をしたタイプは、人数分もしくは使う分だけ輪切りにしていきます。
真上から見て均等になるように切り分けて行くと良いでしょう。


・その他
お弁当を作る時はクッキー用の型抜きを使用して、色々な形にアレンジすると可愛く仕上がります。
星形やハート型など、お弁当のアクセントになる形がたくさんありますので、好みに合わせてチョイスしてみてはいかがでしょうか。


上記のように、チーズのカッティング方法にもさまざまな方法があります。
種類によっては切り取りにくい硬質タイプのチーズもありますから、チーズ用ナイフを使うなどして工夫すると切り取りやすくなります。

このページの先頭へ