ティスティング

チーズ専用の便利道具

チーズを調理する時、皆さんはどんな調理器具を使っていますか?
普通の包丁やナイフを使っているとくっついたり切れ味が悪くなる場合があります。
そこで今回は、使える便利な道具を紹介したいと思います。

・チーズ用ナイフ
その名の通りチーズのカッティングに使うナイフです。
ホワイトチーズには穴あきタイプ、硬質チーズには肉厚なタイプというようにそれぞれの種類によってナイフも変わります。
特に切ったあとナイフにくっつかない穴あきタイプは一本持っていたいアイテムです。

また、先が二つに分かれているテーブル用ナイフ
石を砕くイメージで破砕する硬質パルメザンチーズ用ナイフなど、
用途に合わせて使い分けることもできます。


・カットボード
チーズをカットする時にまな板を使っていると、板につくことがあります。
そこで、板につかずにスムーズに切り分けられるカッティングボードをおすすめします。

木製と大理石のボードが有名ですが、木製のものは手ごろな価格で手に入れやすく、形やサイズも色々なものが揃っています。
チーズ用ナイフと合わせて一つ持っていても良いですね。


・チーズおろし器
これは別名「チーズグレーター」とも呼ばれていますが、チーズを料理の上に振りかけて食べたい時、粉チーズを作るための調理道具です。
使い方はいたって簡単で、容器の中に入れてハンドルを回転させるだけで粉状に粉砕されてチーズが出てきます。
パスタなどのお料理に使うもよし、パンにかけて食べるもよし。
おろし器の種類によっては持ち手が掴みにくい場合がありますから、自分の手のサイズに合ったものを選びたいところです。

・スライサー
スライサーはスライスチーズを作る調理道具で、サンドイッチなどの調理パンやグラタンを作る際に重宝するアイテムです。
サイズも小さなスプーンサイズのものから大きなものまで幅広く揃っているので、家族の人数や使うシチュエーションに合わせて選びたいアイテムです。

このページの先頭へ